中古トラックの査定をする人について

投稿者:

中古トラックを買取してもらう際に、買取査定額を出してもらいます。
その査定額を見て、どの中古トラック買取業者に売るかどうかの判断材料となるわけです。
査定の考え方としては、中古トラックは新車の時とは当然ながら状態が大きく変化しています。
そのため現時点で、どのような状態にあるか評価し、その価値を決めるというわけです。
外装・内装が無傷かどうか、エンジンや足回りは走行に支障がないか、などがチェックされます。

そして査定をするのは、中古自動車査定士の資格を持った人に査定をしてもらうようにしましょう。
中古自動車査定士とは、日本自動車査定協会が定めた資格で、
小型車査定士と大型車査定士の2種類の資格があります。

中古トラック買取の際には当然ながら、大型車査定士の資格が必要となります。
この大型車査定士は大型一種運転免許以上の免許を所有していて、
自動車販売、整備の実務経験が半年以上ある人。
そして協会所定の3日間の研修を修了した人が受験する事が出来る資格です。

きちんと査定士が所属している中古トラック買取業者は、
信用出来る買取業者だという目安になります。
また査定金額が安くなってしまう原因は、
査定をした人が自分の査定に自信がない場合は安くなります。
つまり、この査定金額で、十分な利益を出す事が出来るという自信があれば、
査定額は高くつける事が出来ます。
しかし逆に、自分の経験不足、知識不足で、査定に自信がない場合は、
損失が出ないよう用心して査定額が低くなってしまうのです。
ですから、中古トラックを高価買取してもらいたいと思っている人は、
大型車査定士が所属している業者を選ぶようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です