中古トラック買取のトラブル

投稿者:

中古トラック買取時に、トラブルに巻き込まれてしまった。
国民生活センターに寄せられた中古トラックに関する相談は、年々増加傾向にあります。

トラブルの内容を知らなければ、避ける事も出来ませんから、トラブルの内容について紹介したいと思います。
まず中古トラック買取業者のホームページには「無料査定」「高価買取」と、謳っているサイトをよく目にします。
もちろん、一般の中古トラック買取業者であれば、本当に無料査定を行ってくれますし、出来るだけ高価買取しようと努力してくれます。
しかし中には、悪質業者も存在します。
そして悪質業者の場合は、「無料査定」と謳っているのに、費用を請求してきます。
手口としては、その場で契約を行った場合は無料になるが、契約を断った場合は費用が発生するというケースです。
そして肝心の査定金額は、契約したいと思わないような安い査定金額です。
つまり安く中古トラックを買い叩くか、査定費用を騙し取るか、悪質業者はそのどちらでも構わないというわけです。

他にも本来であれば、買取した中古トラックは、業者が名義を変更し、
会社のロゴを剥がすなどの手続きを行うのが一般的です。
しかしながら悪質業者はそれらの手間を省いて、
手続きを一切行わずに、オークションに販売してしまいます。
もし、売却先で、会社のロゴが入ったままのトラックが何かトラブルを起こしてしまったら、
ロゴの入った会社の信用問題にかかわってしまいます。

他にも強引な買取で、まだ中古トラックを売ると言ってない状態で、
中古トラックを持っていかれて戻ってこなかったり、
買取代金が支払われない、などのトラブルも多数相談されています。
これらのトラブルはどれも、悪質業者に関わってしまったために、巻き込まれてしまったトラブルです。
だからこそ、中古トラックの業者選びは重要なのだと言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です