中古トラックは海外でも人気

投稿者:

日本のトラックは性能がいい、耐久性があると、海外でも人気があります。
それは新車に限りった話ではなく、中古トラック市場でも、日本製は人気があります。
例えば日本人の場合は、新車でトラックを購入したら耐久年数は10年ぐらい、
走行距離は100㎞超えたらそろそろ買い替えを意識します。
しかし外国人は違います。
日本のトラックは、品質がよく、修理が簡単、燃費がいいとメリットが多いため、
10年乗られた中古トラックでも買い手はいくらでも存在します。
特に燃費に関して言えば、日本製は世界トップクラスの燃費の良さを誇ります。
これは、日本が外国と比べるとガソリンの値段が高いため、燃費に拘る消費者が多いためです。

そしてトラックは元々耐久性を長くするために、壊れたパーツを簡単に交換出来る構造になっています。
そのため、中古トラック市場で人気のある日本製は、パーツを探すのも簡単で、修理をしやすい状況なのです。

他にも日本は道路の幅が外国と比べると狭いため、事故が起きにくいよう安全性が高いのです。
つまりガソリンが高い、道路が狭いなどの日本の社会状況が、
トラックの性能を非常に高くしたのです。
そしてその性能の高さを、外国人は支持しているというわけです。

そのため日本ではもう中古トラックで買取しても売れそうにない、そんな廃車寸前のトラックでも、
海外市場ではまだまだ現役で活躍する事が出来るため、海外マーケットで売る事が可能なのです。
なので販売ルートが広い、中古トラック買取業者であれば、
廃車、事故車、不動車、車検切れなどの訳ありトラックでも、
買取可能になるというわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です