悪質中古トラック業者について

投稿者:

残念ながら中古トラック業者の中には、悪質な業者も存在します。
悪質な業者に騙されないように、中古トラックの悪質業者の特長を紹介したいと思います。

まず悪質業者は、査定額が異常に高いのです。
中古トラックを売りたいと思っている人は、少しでも高価買取してもらいたいと考えています。
そのため複数の中古トラック業者に見積もりをしてもらい、
一番見積もり査定額の高い業者を選んだら悪質業者というパターンです。

もちろん実績があり、買取した中古トラックを高く売る販売ルートを確立しているため、
高価買取してくれる優良業者も存在します。
そのため査定価格が高い場合は、
優良業者なのか、悪質業者なのかを見極める必要があります。
実際に悪質業者は査定額が高くても、その価格で買取してくれるわけではありません。
契約後に減額要求をしていて、
最終的には、見積もりをしてもらった中で、
一番安い買取価格になってしまうというわけです。
減額要求をしておきながら、その減額理由もひどく曖昧だったりします。

しかも文句を言いたくても、
かなり営業方法が強引で押しの強い営業マンを用意しています。
そのため気が弱い人なら、
反論出来ずに、言いなりになってしまう人も少なくありません。

逆に査定時に、きちんと中古トラックの良い点と悪い点を説明してくれる業者は優良業者の可能性が高いでしょう。
悪質業者の場合は、安い買取価格になるだけでなく、
買取後のトラックの名義変更や、社名ロゴを消すなど、
本来必要な手続きが一切行われていなかったため、
のちのちトラブルに巻き込まれるというケースも少なくありません。
しっかり下調べをして、悪質業者には近づかないようにして下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です